鍵屋さん教えて!このようなトラブルは高齢者も要注意

鍵屋エトセトラ~こんなときはどうすれば良い?

家の鍵やドアは、経年や普段の使い方によっていろいろな不具合が発生することがあります。ここでは、鍵やドアにおけるよくある悩みを、その対策法と一緒にお教えしましょう。

鍵やドアのトラブル&対策法

盲点?ドアクローザーに注意
ドアクローザーとは、ドアを安全な速度で閉めるという役割を果たしてくれる装置の名称です。基本的にドアの上部に付いています。ドアクローザーは、経年によって本来の役割を果たさなくなることがあります。そのような状態になると、鍵のかかりが悪くなったり、開閉の速度が変わってしまったりします。その結果、手や指を挟んでしまい大事故に……という事態も十分考えられるのです。ドアの開閉の速度が今までと違う感じがしたり、鍵の開け閉めがしにくくなったりしたら、鍵屋に一度相談しましょう。
古い玄関ドアは交換可能
玄関のドアが古いタイプであっても、壁を壊すことなく交換することは十分可能です。建設会社によっては壁を壊すことを提案されるかもしれませんが、鍵屋に依頼すれば壁や床を壊すことなく希望に沿ったドアに交換してもらえます。ドア交換に伴い鍵の交換や修理なども依頼できます。
無理矢理鍵を回そうとしない
同じ鍵を使っているにも関わらず、急に鍵の回りが悪くなるということがあります。これはよくある鍵トラブルの1つです。このとき、鍵穴に鍵をさし込んだ状態で無理に回すようなことはやめましょう。鍵が変形したり折れたりする恐れがあるからです。このトラブルの原因の大半は、鍵穴に入った異物や汚れの蓄積によるものです。もしそうであれば、鍵を分解し、鍵穴を綺麗にしなければなりません。鍵そのものに問題がある場合、鍵の作り直し、もしくは交換などが適当な対処法となります。いずれも鍵屋に相談すればしっかり対処してもらえるでしょう。
鍵の紛失
家の鍵の紛失は、鍵トラブルの中でも特に多い事例です。高齢者によく見られる鍵トラブルの1つでもあります。もし家の鍵を紛失してしまった場合は、すぐに警察に紛失届を出すようにしましょう。鍵と一緒に住所を特定されるものを落としていた場合、いつか家に侵入されてしまうかもしれないからです。警察に行ったあと、もし合鍵を持っていればそれを使って家に入りましょう。合鍵を作っていない場合は、鍵屋に連絡し鍵を開けてもらいましょう。賃貸物件に住んでいる場合は大家さんや管理会社に連絡し、合鍵を借りるとよいでしょう。
TOPボタン